2016年05月10日

くらら農園さん(豊田市)の味来コーン植え付け体験の話。(去年の体験です)

去年の今頃。
むーは家庭菜園にハマってまして、ベランダでいろんな野菜をプランターで栽培していました。

子供たちが喜ぶ野菜を植えよう!
じゃあトウモロコシがいいかな?
でもプランターでトウモロコシなんて出来るかな…
なんて考えていた矢先に、くらら農園さんで植え付け体験の募集をされていることをこのブーログで知り、せっかくやるならプロの方のところでやろう!と思い体験に参加したことがきっかけで、くらら農園の安藤源さんと知り合うことが出来ました。

安藤さんはこの方 ↓

(安藤さんすみません、画像がガサガサで…(^^;)


くらら農園さんと言えば、トウモロコシの人気がスゴいですよね!
とにかく甘い!
めちゃくちゃ甘いトウモロコシ。
トウモロコシなのに喉が渇くくらい甘くて美味しいんです。
毎年人気過ぎてタイミングよく買いにいかないと、手に入らなくてなかなか買えないなんて話をよく聞きます。


(安藤さんのブログより画像をお借りしました)
これこれ。
こちらは味来コーンという品種です。
丸々と太ってて粒がキレイ!
見るからに美味しそうなトウモロコシですよね(°▽°)


私と子供がこちらのトウモロコシの苗を安藤さんに教えていただきながら植え付け、それを安藤さんに育てていただき実ったトウモロコシを自宅に送っていただくという流れでした。



植え付け体験の時に安藤さんが写真を撮ってくださいました。
トウモロコシの苗って意外にもこんなにヒョロッとしてるんですよ~。
これが成長するとあんなに背丈が伸びて力強くなるなんて不思議ですよね。
トウモロコシって時期的に台風を経験しないといけないんですが、この小さな苗はどんなに風に吹かれて倒れても、雨に降られて倒れても必ず自分の力で這い上がってまた大きくなるんだそうです。 
ものすごい生命力ですね!



トレイが区切られていて、そこに種子を蒔き苗がこんなふうに出来ます。
苗を持ち上げると下の土も一緒に付いてきて、これを地植えします。



最初の写真で黒いビニールが写ってますが、このビニールに木の槍みたいな道具を刺して穴を開け、苗を植えるスペースを作ります。
そこに苗を植えてこんなふうに周りの土を被せていきます。


私たちが体験したのはここまで。
後は安藤さんが立派に育ててくださるのを待つだけ♪


安藤さんは私たちが植えた苗が、今はこんな感じになってますよ~って度々私のスマホに画像を送ってくださいました。
その時のスマホが壊れてしまって今は違うスマホなので、写真を載せられないのが残念です(>_<)
安藤さんからのメールを子供と一緒に見て、自分たちが植えた苗の成長をいつも楽しみにしていました。


こんな過程があって、子供が植物を大切にするようになり、野菜に興味を持つようになりました。
私は自分が野菜を育てることを通して、減薬を心がけて野菜作りする農家さんの苦労と努力は本当にすごいと思いました。
(野菜ってほんとにすぐ大量の虫がつくんですよ、薬に頼らざるを得ない状態になります(T0T))


くらら農園さんの植え付け体験は今年はありませんが、トウモロコシの収穫体験は今年も予定されているそうなので、むーは去年も家族参加しましたが今年ももぎ取りに行きたいと思います♪


この美味しいトウモロコシは苗1つにたくさんなりまますが、太くて立派なトウモロコシを作るために【間引き】という作業がなされます。
その間引きされたコーンがヤングコーン(ベビーコーン)。
こちらはもう出荷されているそうですよ。
去年、テレビ番組でくらら農園さんのヤングコーンが取り上げられ、こちらも問い合わせが殺到したとのことで、安藤さんってスゴイデスネ…
旬のベビーコーンも食べたい( ´∀`)
(ちなみにむーはくらら農園さんのお野菜を、いつもJAで買ってます)


愛情のこもったくらら農園さんのお野菜たち、皆さんも是非食べてみてくださいね。

















  


Posted by むー  at 23:39Comments(2)その他