2017年01月08日

ひとりごと。先生の言葉


うちの子供がいつもお世話になっている小児科の先生のお話なんですけど。。。


先日久々に先生のところに行って子供を診ていただいたのですが、
その先生は聴診器をあてる前に毎回必ず「お願いします」と言うんです。
最初の頃は挨拶かと思って「よろしくお願いします」ってわたしも答えていたのですが、
だんだんと、先生の「お願いします」は誰かに向かっての言葉ではないんだなってわかってきました。
その真意は先生にしかわからないんだけど、どこか願掛けのような、おまじないのような、魔法の言葉のように私には聞こえるんです。
そこには「この子をしっかり診るぞ!」という先生の真心を感じて心が温かくなります。


診察のときは、「ボクちん、しんどいの?」ってわたしに聞く前に園児本人に向かって調子を聞いてくれる先生。
検査も、怖がらないように子供に向かってちゃんと声をかけてくれる先生。
診察が終わると私の子供を抱えてイスからおろしてくれる先生。
別れ際には「タッチ!」ってバイバイしてくれる先生。

小児科の分野でとても上の立場にある先生だと思うのですが、毎回毎回気持ちがこもっていて本当に優しい。
子供にだけでなく、親のわたしにも「不安な気持ちはよくわかるから、何でも思ったことは全部話して。説明できることは全て話すから」と寄り添ってくれた先生。
「お母さんがしんどいでしょう?」って共感してくれる先生。
「心配性のお母さんだから(笑)」ってわたしの話をとことん聞いてくれる先生。
先生のように尊敬する先生にお会いできてよかったです(^ ^)
病院は、こういう先生ばっかりだと嬉しいんだけどなぁ。


ってその病院の関係の方が見たらどの先生のこと言ってるわかっちゃうな~ (笑)








同じカテゴリー(ひとりごとシリーズ)の記事画像
久々に
The Beatlesの赤盤青盤
去年の今日と今年の今日
3月31日。今日はやっぱり複雑な気持ちの日。
さみしいね
卒業式で
同じカテゴリー(ひとりごとシリーズ)の記事
 久々に (2017-04-22 23:18)
 心に染みる歌を聴いて思ったことは・・・ (2017-04-20 00:15)
 悩みどころ (2017-04-16 22:13)
 ふたりは若い (2017-04-13 00:23)
 The Beatlesの赤盤青盤 (2017-04-08 21:01)
 去年の今日と今年の今日 (2017-04-04 23:26)

Posted by むー  at 22:35 │Comments(0)ひとりごとシリーズ

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。